レトロな風景の後にはレトロな味を楽しんでみては?

白壁土蔵群の近くにある倉吉では有名なたいやき屋さん・・・「米澤たいやき店」
表のたい焼きの赤ちょうちんと可愛らしいたこのお人形が目印です。

昭和からの味・・・米澤たいやき店
米澤たいやき店



昭和23年開店、今も変わらぬ昭和のたいやき屋さん拍手
そのおいしさの秘訣は・・・鯛焼きの焼き型と薄い白い衣パクッ

昭和23年から使い続けている鯛焼きの焼き型です。
鯛焼きの焼き型

昭和23年開店以来、大切に修理しながら使い続けている鯛焼きの焼き型。
開店当時、廃業店から譲り受けた物や昭和30年代に購入したもの等
5種類30本があり、現在使用している型は厚さ・重さ等美しく焼ける
使いやすいものを約10本位使っているとの事です。こだわりを感じますね。

米澤のたいやきは一匹焼きという焼き型で、まとめて焼く型ではありませんので
一匹一匹の手間はかかります。楽しい

焼き上がった姿は焼き型の種類により微妙に異なります。

たいやきは白い衣のうす皮で尻尾まで、ほどよい甘さのあんこと愛情が
びっしり詰まっています。

衣が薄いので冷めても美味しくいただけます。

遠方からわざわざ買いに来られるファンの方や持ち帰りのお客様も多く、
場合によってはしばらく待たないと買えない事もあります。

味もさることながら、お店も昭和のレトロな雰囲気でいいですよ。
開店当時、昭和20年代の価格は5円だったようです財布
現在は90円で値段は変わりましたが、焼き方は昔のままで
今も開業当初の懐かしい味を守り続けています。

その他にも大判焼きやたこ焼きもあり、お茶とコーヒーはフリードリンクになっています。
お茶・コーヒー無料サービス

奥には応接室もあるので、白壁土蔵群「赤瓦」をまわって寄られますと
ちょうど良い休憩場所になりますよ。

白壁土蔵群「赤瓦」に行かれた際には、米澤たいやき店にも
足を運んでみてはどうですか?
これから暖かくなり、桜も咲き始めるいい季節です。
お持ち帰りされて、ホテルの電子レンジで温めていただくのも◎ですねイケテル






ホテルアーク21のHPはコチラからどうぞぴかぴか
 
    downdown




にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

  




白壁土蔵の街並みをボランティアガイドと一緒にハイキング

旅先で、知らない街並みを自由気ままに散策し、キレイな場所や美味しいお店、可愛いお店を見つけるのは、とても楽しいですよね。ちょっとした冒険気分でするんるん
今回はそれにプラスして、さらにハイキングが楽しくなる、ボランティアガイドさんと一緒に散策できる倉吉のハイキングコースのご紹介です。 

DISCOVER WEST ハイキング 〜西日本まち歩き篇〜 
赤い旗『倉吉の歴史・文化探求コース』

(新着情報より「DISCOVER WESTハイキング」についてをクリックして詳細をご覧くださいませ。)


平成20年3月いっぱいまでの土日祝日に行われています。
倉吉の観光名所、白壁土蔵群、赤瓦の周辺約2キロを、約2時間かけて無料のガイドさんと一緒に散策していただけます。予約は不要で、当日集合場所へ集合時間にお集まりいただければどなたでもご参加いただけますよ。土曜日と日曜祝日では集合時間が違いますので、ご確認の上、是非倉吉の懐かしい街並みをガイドさんと一緒に散策してみてはいかがでしょうか?
3月2日までにご参加いただいたお客様は、ハイキング終了後にガイドさんから渡していただく「専用応募ハガキ付参加証」を受け取り、抽選で各県名産品があたるプレゼントプレゼントに応募していただく事ができます。

詳しくは上記『倉吉の歴史・文化探求コース』をクリックの上、詳細をご確認くださいませ。

白壁土蔵群、赤瓦周辺MAPはコチラ




ホテルアーク21のHPはコチラからどうぞぴかぴか
 
    downdown




にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

  



倉吉白壁土蔵群

今、倉吉市内で一番観光客の皆様にたくさん訪れていただいている場所、
今も残る江戸・明治時代の古い土蔵『倉吉白壁土蔵群』です。
白い土壁、焼杉の黒い腰板、赤い瓦などが懐かしい風情をかもしています。
白壁土蔵群の一角は、ショップや工房などに改築され、倉吉の新しい観光名所として人気を集めており、古い蔵の外観をそのまま生かし内部を新しくした「赤瓦」は一号館から十一号館まであり、のんびり散策できますよ。(四号館と九号館はありません)

一号館・・・雑貨店などの個性的なショップが並ぶ物産館。
二号館・・・郷土玩具のはこた人形と仏像彫刻の工房。
三号館・・・竹細工ギャラリー
五号館・・・喫茶店
六号館・・・醤油屋
七号館・・・酒屋
八号館・・・倉吉ふるさと物産館
十号館・・・町屋カフェと観光案内所
十一号館・・陶芸館(打吹焼)


玉川沿いの白壁土蔵



白壁土蔵群へは、倉吉駅前からお車で約10分です。
路線バスをご利用の際は、倉吉駅から西倉吉方面行きのバスにご乗車いただき、
バス停「赤瓦・白壁土蔵群前」または「市役所、打吹公園入口」でお降りになると便利です。

赤瓦MAPはコチラ

赤瓦で体験できる色んな魅力を、またたくさんご紹介しますねウィンク



ホテルアーク21のHPはコチラからどうぞぴかぴか
 
    downdown




にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

  





伝統の『倉吉いか』

クリスマスも終わり、いよいよお正月を迎える準備も本格的になってきました。
お正月といえば、凧揚げ羽根つき・・・なんてとっても昭和な懐かしい感じですよね。
今年三十路の仲間入りをした私の世代でも、凧揚げや羽根つきはむかーしむかしに数回やったことがある程度汗
レトロな街並みの白壁土蔵群の中にある凧工房には、小さなものから大きなものまでカラフルな凧がたくさんお店いっぱいに並んでいます凧
卓上に飾れるような可愛らしいぴかぴかものもあり、お土産にも喜ばれるのはないでしょうか。凧に描かれている絵や言葉もステキなものがたくさんあります。
その他にお子様やお孫様のお名前入り「出世凧」やお店の名前入り「繁盛凧」の取り扱いもされています。

倉吉では凧(たこ)の事を古くから「いか」と呼び、「倉吉いか(凧)」は江戸時代より伝統を受け継いで作られているんだそうです。
そしてここ白壁土蔵群の凧工房では、倉吉いか(凧)作りの体験をすることができるんですよ。
スタッフが実際に倉吉いか(凧)作りに出かけてきた体験レポートを是非ご覧になってみてください。

凧揚げで遊んだ世代の方々には懐かしく、子供達や若い世代の方々には新鮮な体験るんるん
家族で、お友達同士で、カップルで、手作りの思い出つくりませんか?

凧工房の営業時間 10:00〜17:00(不定休)
             電話0858−23−3453
             (不定休なので事前に確認してお出かけいただくと安心です。)



「ホテルアーク21」のホームページはコチラ家です。


にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ




calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
  • はわい温泉がソフトバンク新CMに・・・\(◎o◎)/!
    yurihamako (02/01)
  • 鳥取県のアンテナショップ『食のみやこ鳥取プラザ』 オープン!
    ark21 (08/28)
  • 鳥取県のアンテナショップ『食のみやこ鳥取プラザ』 オープン!
    ずっけろ (08/28)
  • 倉吉で会議、セミナー、パーティー等の際には・・・
    ark21 (08/17)
  • 倉吉で会議、セミナー、パーティー等の際には・・・
    松野 浩 (08/17)
  • 倉吉で会議、セミナー、パーティー等の際には・・・
    ark21 (08/16)
  • 倉吉で会議、セミナー、パーティー等の際には・・・
    松野 浩 (08/16)
  • ハワイ海水浴場
    ark21 (07/24)
  • ハワイ海水浴場
    yurihamako (07/24)
  • ホタルの季節がやってきました。
    ark21 (05/29)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM